いつか読んでほしい本がある










   いつか読んでほしい本がある

  子どものころ読んだ「ろうそくの科学」。
  ろうそくが燃えるということが、こんなに複雑なのかと驚いた。
  それから、ろうそくを見る目がかわった。溶けたろうの複雑な動きに
  興味をもつようになった。この本は母が買ってきてくれた。後で知っ
  たのだが、ファラデーという科学者が書いた名著だそうだ。科学好き
  の私の原点だろう。

  本との出会いは、人の一生を大きく変えることがあるという。そん
  な大それたことは思わないが、最近読んだ本で、みんなにいつか読ん
  でもらいたいと思う本を紹介したいと思う。


                   高陽中学校 校長 平田 俊治




 虹色のチョーク   2017年5月発売 No.004

イラスト/高陽中2年生
     K.Oさん作
作者/ 小松成美
  - - - book information - - - - - - - - -
  出版社 幻冬舎 ページ数 224ページ
  所蔵場所 高陽中図書室・県立図書館・赤磐市立中央図書館等
 −−こんな人に読んでもらいたい−−

     福祉に関心のある 君におすすめ 
  
 

知的障がい者を雇用したいと病床にあった父に相談した。父は平然と「そんな会社が一つくらいあってもいいだろう。」と言ったという。きっかけは、ある禅僧から聞いた「人間の究極の4つの幸せのはなし」だ。曰く、物やお金をもらうことが人としての幸せではない。人に愛されること、人に褒められること、人の役に立つこと、人から必要とされること、この4つが幸せだ、という。

日本理化学工業は、以来58年間、知的障がい者を雇い入れ続け、高品質のチョークを学校に供給して、ついに業界のトップとなった。

「幸せとはなにか」、会社のリーダーが到達した一つの理念について書かれた本。ぜひご一読を。



                    平成29年7月06日
                      推薦者/ 平田先生
 
 


 
 蜜蜂と遠雷   2016年発売 No.003

イラスト/高陽中2年生
     K.Oさん作
作者/ 恩田陸
  - - - book information - - - - - - - - -
  出版社 幻冬舎 ページ数 507ページ
  所蔵場所 高陽中図書室・赤磐市立中央図書館等
 −−こんな人に読んでもらいたい−−
   音楽や文学の  好きな君たちに 
  


  若手音楽家の登竜門として有名な芳ヶ江国際ピアノコンクー
 ルに、様々な思いを胸に出場した4人の若手音楽家たちの心の
 成長を描く。

 栄伝亜夜   「消えた天才少女」   ジュニアコンクールで優勝
 し天才と噂されるが、母の死をきっかけにコンサートを土壇場
 でキャンセル。その彼女が通っていた大学の学長の推薦もあり、
 迷いながらコンクール出場を決める。

  高島明石   音大出身だが祖母が買ってくれたピアノで練習 
 努力家。プロにはならず楽器店に勤める。音楽への未練がある
 が、一つの区切りとしてコンクールへの出場を決めた。

  風間塵 16  養蜂家の子供で自宅にピアノを持たない。
 別名蜜蜂王子 巨匠ホフマン先生の教え子

  マサル   フランス人の父 と日経三世の母を持つスターピアニ
 スト。アメリカの名門音楽院の生徒。「ジュリアード(音楽院)
 の王子様」の異名をもつ。コンクールの優勝候補。

  2週間にわたるコンクールを通して、自分にとって音楽とは
 何か。それぞれが思いを巡らせる。何と言っても音楽を文字で
 表現するとこうなるのか、その表現力の豊かさに圧倒される。
 音楽や文学の好きな中学生にお薦めの一冊。



                    平成29年5月22日
                      推薦者/ 平田先生
 

 


 

  サピエンス全史(上・下)   2016年発売 No.002
作者/ ユヴァル・ノアハラリ
  - - - book information - - - - - - - - -
  出版社 河出書房新社 ページ数 上272ページ
296ページ
  所蔵場所 県立図書館・赤磐市立中央図書館等
 −−こんな人に読んでもらいたい−−
    科学が大好きな君に おすすめ
  
  15000年前、人類は狩猟から農業へと移行、いわゆる農業
 革命を行い、人口が大幅に増え、働かなくても食べていける富
 裕層も増えた。以来、経済発展を追い求め、500年前の科学革
 命を経て、ついに人工知能が人間の仕事を奪う危機に直面して
 いる。果たして人類はしあわせになっているのか。
 いまこそ、歴史を学ぶことが大切だと著者は主張している。
  全世界でベストセラーになっている本。オバマ大統領やビル・
 ゲイツも読んだという。少し難しいが、科学に興味のある生徒
 には興味深く読めると思う。

                    平成29年1月16日
                      推薦者/ 平田先生
 
 


 
 
       羊と鋼の森           2016年発売 No.001
作者/ 宮下奈都
  - - - book information - - - - - - - - -
  出版社 文藝春秋 ページ数  243ページ
  所蔵場所 高陽中図書室・赤磐市立中央図書館等

 −−こんな人に読んでもらいたい−−

   将来なりたい職業が きまっていない君たちに 
  主人公はピアノ調律師の外村(とむら)。将来の職業につ
 いてあまり考えることなく、ただ都会での暮らしにあこがれ
 て、調律師という仕事を選び田舎を後にした。しかし、調律
 に向かう家々でさまざまな人々の情にふれ、調律師の技術を
 磨きたいと思うようになる。

  転機はある双子の女子高校生との出会い。
 姉の音楽にかける密やかな情熱を知り、結婚式の演奏のため
 にピアノの調律を行ったことから、彼女のピアノ演奏者とし
 ての成長を願い、同時に自分の仕事に生きがいを感じるよう
 なる。
  仕事にかける若者の情熱や生きがい、ほのかな憧れなどを
 さわやかに表現した青春小説。読み終えてすがすがしい気持
 ちになりました。

                    平成28年7月12日
                      推薦者/ 平田先生
 
 

トップページ戻 る