高陽中歴代の生徒が作詞作曲を
  手がけた名曲。
  卒業するまでに何度となく口ずさむ、
  これらの歌は、高陽の生徒にとって
  第2の校歌と言えます。
  心に刻まれ、これからも歌い継がれて
  いく10代の感性から生まれた心に響く
  歌詞とメロディです
。 









聞いてくださった方々から多くのリクエストをいただいてきました。
平成28年度の映像を一部ご紹介します。
 One For All
 高陽中にとっての初のオリジナルソング。当時、生徒の作った歌詞に音楽の先生が曲をつけました。今はまだ映像での紹介はありませんが、音源でお聞きください。
        

    音 源… oneforall.mid はこちら

 Peace For the Future 広島
 平成28年度の2年生の広島研修の映像で紹介します。平和集会で、群読を行い、ピースボードを納め、多くの人が見守る中、心を込めて「Peace For the Future」を歌いました。広島版と沖縄版では歌詞が若干違っています。是非聞き比べてください。
               
    wmv版Click
    mp4版Click
 mpg版Click
動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。  
  Peace For the Future 沖縄

平成28年、今年も3年生の平和集会はとても感動深いものとなりました。市民を巻き込んだ沖縄戦最後の激戦地で、多くの人が身を投げた摩文仁の海に向って、誓いの言葉や群読を行い、「Peace for the Future」を歌いました。
全員が一生懸命取り組み、その姿は居合わせた人たちの心を強く打ちました。バスガイドさんも感動し、仲間で歌いたいと言われ、バスの中でも披露しました。


             
    wmv版Click
mpg版Click
動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。
















One For All

 作詞:平尾あずみ
 作曲:山本美紀
1. 世界で一人しかいない 僕たちが広い地球に生まれて
このスペースで出会えた奇跡 一人一人はちっぽけだけど
僕たちみんなが集まれば 大きな壁も乗り越えてゆける
僕たちの若さは 生・き・る 勇気と変えてくれるだろう
      けれど一人じゃできないよ
      そうさ みんなで力を合わせ
      ONE FOR ALL

2. 僕たちは ああ これからも 旅を続けよう みんなの心に
あの大きな夢があるのなら みんなで未来へゆく旅を
本当の道が見えなくて 迷い続けたけれど 顔を上げれば
僕たちの明るい み・ら・い のドアが青春だと信じよう
      けれど一人じゃできないよ
    ※ そうさ みんなで心を合わせ
      ONE FOR ALL

※ 繰り返し
                              






「Peace for the Future」 沖縄
作詞/作曲 :  平成11年度 旅行委員 平和学習班

太陽 青空 命     本当に守るべきものを知ったから
笑うことも泣くことも  大人にさえなれないあなたたち
海の碧も空の青も    ずっと見つめつづけ
 
※ 自分たちが歩んでゆく 未来のために
  あなたたちの思いを 心に刻んで行こう ※
 
戦争の傷 残したままで  生きてゆくのはつらいから
あなたたちが一番願う   想いよ届けみんなの心に
未来 幸せ 希望     一番に大切なものを知ったから
さあ 飛び立とう 
 ※繰り返し
 Peace for the Future   Peace for the Future
 Peace for the Future   Peace for the Future
                                









「Peace for the Future」 広島
作詞/作曲 :  平成11年度 旅行委員 平和学習班

若葉 青空 命     本当に守るべきものを知ったから
笑うことも泣くことも  死ぬことさえできないあなたたち
僕たちの心の中で    共に生きてゆこう
 
※ 自分たちが歩んでゆく 未来のために
  あなたたちの思いを 心に刻んで行こう ※
 
戦争をして残ったものは  栄光や名誉なんかじゃない
あなたたちが一番知ってる 祈りよ届けみんなの心に
若葉 青空 平和   一番に大切なものを知ったから
もう 始まってる
 ※繰り返し
 Peace for the Future   Peace for the Future
 Peace for the Future   Peace for the Future



                                



トップページ戻 る